お店の受付嬢として勤める自分

今日はウェザーが不安定で多雨が降ったり止んだりしていた。たえず暇なのに、急に混み出すのがうちのお店。忙しいときに限って役割は立て込んでくる。「些か姉ちゃーん!少なく傘!」オジサンの考え。「かしこまりましたー!1本ですか?」「否2読物ですよー!」わたわたって慌しく傘をお渡ししたら「いやー、ありがっというね!」といった引き上げるオジサン。ひとまず怒られなくて良かったーとホッとした自分。
それから2タームほどして、あのオジサンが帰ってきた。「傘有難うね!」満面のスマイル。「おかげで助かったよ。」「有難う。」オジサンは素敵な男だった。
常に停滞が多く、名人や親分をビクビクさせて仕舞う自分。でもようやく、うちの暖簾に貢献できるようになりたくて。レジは憎悪だし、ぐっすり手直しが分からなくなって名人を呼んで仕舞う。もらえる自身がやった方が速いことは知ってる。でも自分に役割を任せてもらえる。名人が後ろで補助して見守ってくれている。自分がパニクったときはやさしく「こうだよ。」といった教えてくれる。
自分、ココに来て良かった。昔からいつも怒られてばっかりだった。音痴がなかなか直らなかった。今でも音痴。ゆるゆるしか役割が出来ない自分に関し、お客様に「早くしてくんない?」ということは何度も起こる。でも、名人は自分を責めたりしない。「駆け出しだから最初は上手くいかないものだから。」「知人も色んなほうがいらっしゃるから、気にしなくてもいいよ。」手厚い名人やお客様に囲まれてはなはだ幸運。思い切って環境を変えて良かったなあ。パートタイマー一月目の反作用でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です